宮田修

osamu_miyata_profile.jpg

宮田修 (みやた おさむ)

昭和21年9月千葉県佐原市(現・香取市)生まれ
昭和40年千葉県立佐原高校卒
昭和44年 早大政経学部卒
産経新聞入社(新潟支局、横浜総局、社会部、政治部記者)
フジテレビ、文化放送記者
昭和61年秋フリー
平成5年から13年間 モンゴル国立大学客員教授(日本語学科)を務めたほか、旧・建設省(現・国土交通省)建設大学校、旧・順心女子学園(現・広尾学園)などで講師としてマスコミ教養講座等を担当
2002年1月~
日本にカジノを含む統合リゾート構想推進の為の活動を展開中。 ⇒2007年に「ニッポンカジノ&メガリゾート革命」(扶桑社)を出版。遊戯産業総合研究所所長も務める。パチンコ産業及び、カジノ産業など総合エンターテイメント雑誌にも寄稿している。
2011年9月~
モンゴル徳田財団理事に就任 ⇒将来モンゴルに、日本式の世界最先端総合病院を建設するのを目的に、モンゴル徳田財団を設立し理事に就任。
2012年7月
モンゴル国エルベグドルジ大統領より「特別友好勲章(ナイラムダル)」を受賞 ⇒日本モンゴル国交40周年を記念して、川勝静岡県知事ら3人と特別表彰された。

ジャーナリスト宮田修が、遊戯ジャーナル2017年1月号に、モンゴル国エルベグドルジ大統領より長年に渡る日本とモンゴルの友好に尽力したことが評価され最高級勲章の北極星勲章の授与の記事が掲載。 [関連リンク]

【祝】11/23ジャーナリスト宮田修がモンゴル国エルベグドルジ大統領より長年に渡る日本とモンゴルの友好に尽力したことが評価され最高級勲章の北極星勲章が贈られました。 [関連リンク]

宮田修の電子本「「ラクダのなみだ」~いのちのものがたり~」(クリエイティブメディア出版刊)が2016年6月29日(水)、朝日新聞/東京本社版/夕刊「出版&エンタメマルチ広告特集 夏号」(発行部数:131 万部)に掲載。「熊本地震災害」義援金に参加。 [関連リンク]

パチンコ・パチスロ業界専門誌『遊技ジャーナル |』(2016年2月号)シリーズ『挑戦者』にてジャーナリスト宮田修の菅義偉(すがよしひで)安部内閣官房長官インタビュー記事が掲載。 [関連リンク]

「ラクダのなみだ」著者でジャーナリスト宮田修先生が直木賞作家 の志茂田景樹先生とパールハーバーLIVEに登場!作家志望の方は必見。『作家になる方法』のライブ講義をネット生中継+リアル会場連携で9/22に出演します。 [関連リンク]

作家志望の方は必見。あの直木賞作家の志茂田景樹先生がパールハーバーLIVEに登場!『作家になる方法』のライブ講義をネット生中継+リアル会場連携で9/22開催決定! [関連リンク]

モンゴル国エルベグドルジ大統領より「特別友好勲章(ナイラムダル)」を受賞 [関連リンク]

モンゴル徳田財団理事に就任 [関連リンク]

日本にカジノを含む統合リゾート構想推進の為の活動を展開中。 [関連リンク]

直木賞作家 志茂田景樹さんも大絶賛。宮田修著『ラクダのなみだ~モンゴルに伝わるいのちの物語~』がiPhone・iPad対応の電子書籍アプリにて2012年1月28日発売開始! [関連リンク]

著書

絵本「ラクダのなみだ」 ( KIBABOOK )
「土俵の上から見た不思議なニッポン人」 ( 扶桑社、監修 )
土俵のチンギス・ハーン白鵬」 ( 新風舎、共著 )
ニッポンカジノ&メガリゾート革命」 ( 扶桑社、共著 )
俺の魂」 ( アントニオ猪木(著)、宮田修プロデュース )

出演等

モンゴル国立ラジオ・テレビ大学客員教授、フリージャーナリストとして活躍中。
政治、経済、スポーツ、エンタテインメント等の分野でジャーナリストとして、執筆、講演、コメンテーターとしても幅広く活躍中。

コメンテーターとしてテレビ出演
「朝ズバ!」 ( TBS ) 
「昼帯」 ( TBS情報番組 ) 
「スーパーJチャンネル」 ( テレ朝 ) 
「ワイドスクランブル」 ( テレ朝 ) 
「スーパーニュース」 ( フジテレビ報道局 ) 
「ミヤネ屋」 ( 読売テレビ ) 

資格類

平成5年秋、国会政策担当秘書公募国家試験合格・資格取得第1期生

表彰類

昭和54年 アメリカ・メリーランド州名誉州民 昭和58年 自民党・新自由クラブ連立政権誕生スクープで産経新聞社長賞 平成 9年 モンゴル絵本で地方新聞協会ブロンズ賞特別賞 平成13年 モンゴル政府・青年同盟特別友好勲章